天竺 – 2006

D141_ike_web-940x470撮影:池田晶紀

山に囲まれた妻有では、暗いトンネルを抜けた瞬間、陽の光があふれる美しい大地が目に飛び込んでくる。来訪者にとって里山は充分日常を離れた風景だが、空 家の扉を開けるとさらに非日常的な空間が待ち受けている。古びた外観からは想像もつかない、宮殿のようにきらびやかな装飾が施された屋内は、訪れる人びと をあっと驚かせた。扉から出た時、私たちは現実の世界をこれまでとは違った視点で見つめ直すかもしれない。

 

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ

新潟県十日町市室野地区

インスタレーション



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

いちはらアート×ミックス2017・湖畔マルシェの作戦会議01
Autumn season start 瀬戸内国際芸術祭2016
美術室-2014
いちはらアート×ミックス2017・イチマル制作の進捗